2007年08月15日

マーケティングとマーケッター

マーケティングとは、本来は、売買・物々交換に関係した幅広い概念のことをいいます。

マーケティングでは、通常は利潤を上げることが想定されていますので、商品・サービスの売り上げから利潤を上げる方向での様々な分析・提案がなされることになります。


マーケティングを行い、企業の経営に役立つ企画の立案、クライアントの問題解決を行う仕事を行う人をマーケッターといいます。


マーケッターは、最新のビジネス情報・現場のノウハウを駆使して、クライアントの依頼によって経営に関する様々な問題を解決します。


マーケッターは、ビジネス現場の最先端の情報を分析して、クライアントの業績(売上げ)をアップさせること、即、成果を出すことを目指します。つまり、マーケッターは実践で使える戦略的なマーケティングを提案していくのです。


posted by マーケティングコンサルタント at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。